協会概要

協会概要

少子高齢化時代、地球環境問題、耐震性の確保、老朽化施設への対応など学校施設づくりにあって、近年その考慮すべき課題は少なくありません。さらに、東日本大震災の体験から緊急避難場所としての役割とそのための施設整備への関心が高まっています。
文教施設協会では、これら学校施設づくりの環境が変動するなか、会員各位、関係諸団体、有識者等の協力及び文部科学省、国土交通省のご指導ご支援のもと、安全・安心で良い学校施設づくりのため、調査研究(受託を含む)をはじめとし、講習会、セミナー、施設見学会、学校施設の耐震判定事業等を実施しています。また、成果物や会員企業の技術情報等をホームページや刊行物として広く教育関係者に情報発信しています。

新会長挨拶

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび令和元年5月30日開催された一般社団法人文教施設協会第25回理事会において、木村 孟の後任として会長に就任いたしました杉山 武彦でございます。
学校施設は、児童生徒などが一日の大半を過ごす活動の場であり、児童生徒の生きる力を育むための教育環境として重要な意義を持っております。
一方、学校施設整備に関する課題として、近年、学びのかたちが時代の流れ、社会の動き、技術の進歩とともに大きく変わり、これまで以上に多様な立場の意見・知識を総動員することが求められおります。
今後、当協会は、学識経験者や会員のご協力をいただきながら、学校施設整備に関わる皆様に対し、具体性を持った実行可能な学校施設づくりに役立つ情報提供をいたす所存でございます。
つきましては、何とぞ今後とも一層のご指導ご懇情を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

令和元年 7月

一般社団法人文教施設協会
会長 杉山 武彦

組織の変遷

昭和46年(1971年) 9月 社団法人教育施設開発機構として設立
昭和46年9月22日 文部省認可
昭和49年5月8日 建設省認可
昭和57年9月29日 社団法人文教施設協会に改称
平成24年4月1日 一般社団法人に移行

定款など

定款
平成30年度 事業報告 平成30年度 決算書
平成29年度 事業報告 平成29年度 決算書
役員名簿(2019.6.1)
会員一覧表(2019.4.1)